EDの症状と原因

EDとは、Erectile Dysfunctionの略称で、インポテンツのことを指します。

やさしいED情報をお伝えしましょう。

まず、どのような症状が現れるのかと言いますと、性交渉ができるほどの勃起をえることができないというパターンや、性交渉する間勃起を維持することができないというパターンがあります。

同じような症状で、膣内射精障害というものもあります。

これは、勃起をすることができるので、性行はできるのですが膣内では、射精ができないというものになります。

こちらもEDの亜型と言われています。

日本の中でも、EDになってしまっている人は、500万人ほどになると言われています。

症状に関しては最初は時々勃起しなくなる程度でしょう。

ですが、重症になってしまいますと、常に勃起しなくなってしまうような状態になってしまいます。

原因に関しては、精神的なものや、心因性のものがあります。

20歳から40歳の人がEDになってしまった場合は、これらのものが原因ではないかと言われています。

40歳以上の人がEDになった場合にはその他の原因が疑われます。

加齢や心臓病、糖尿病、うつ病、動脈硬化などの慢性疾患、手術、腸の外傷などが疑われます。

これらは、勃起に関係している血管もしくは神経が損なわれてしまったことによってEDの原因になっているということが考えられます。

他にも、脊髄もしくは頭部の外傷もしくは病気によってもEDにつながることがあります。

薬によってもEDになるものもあります。

抗鬱剤や降圧剤などがあげられます。

Comments are closed.